イメージ
仙台ってどんなところ
仙台ってどんなところ
食べる
お茶・買い食い
パン・スイーツ
子供の買いもの
休憩・授乳室
おでかけ
ママも息抜き
ボク作品
イメージ
HOME BACK
子連れでウロウロ仙台ガイド
日記 リンク このサイトについて メール
仙台の四季
春

仙台の春はまだまだ寒く、なかなかコートが手放せません。GW前頃まではストーブ要ります…。

お店には山菜が並び、春の気配と東北の土を感じます。
桜の開花は東京より3週間ほど後になります。テレビでは各地の開花と花見の映像のおかげで、仙台人の花見欲求度は急上昇。
お花見スポットは、街中でもドライブがてら足をのばしてもたくさんあるようです。

やはり風が強いので体感温度は低く、残念ながらポカポカ陽気という感じではありません。

イメージ
イメージ イメージ イメージ
初夏

GW明けて帰省から戻ってくると、仙台の街は一変しています。木々は芽吹き、街中が何とも言えない淡い緑に包まれ、きれいですよ〜。
木漏れ日がきらきらして行き交う人々も気持ちよさそう。空が青くて最高です。この時期はお出かけしましょう。

5月に開催される『青葉祭り』は、緑豊かなこの時期に開催される伊達政宗公ゆかりのお祭り。立派な山鉾が沢山出て、すずめ踊りが祭りを盛り上げます。

イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ
夏

東京と比べると断然快適。でも仙台の夏は短く少々さみしいです。
梅雨(寒いです)が明けると、空青いです。紫外線強いです。東京に比べるとほんとに涼しいです。クーラーほとんどつけません。夜は特に。
そして、お盆を過ぎるとあっという間に涼しくなって夏は終わります。恋が始まる前に夏は終わっちゃいそう。

8月には、全国的にも有名な『七夕祭り』が開催されます。街をあげての立派な七夕飾り、花火大会、他にも様々な催し物があります。

イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ
秋

仙台の街は紅葉で衣替え。遠くに行かなくてもそこらの木々で満足できますが、せっかくなので。秋保や鳴子、蔵王などの『温泉と紅葉』という最強タッグを満喫しましょう。

秋の代表イベントと言えば、『 ストリートジャズフェスティバル』。これはいいです。仙台中心部、いたるところで音楽が響きます。まさに街中がステージ。ケヤキ並木の中での生演奏、仙台ならではのイベントです。
他にも、『みちのくYOSAKOI祭り』や『ゴスペルフェスティバル』など盛りだくさん。

忘れちゃいけないのが『秋刀魚(さんま)』です。三陸産の秋刀魚、脂がのってほんとにおいしいです。安いので食卓によく登場します。
それと 『芋煮会(BBQ東北版)』。アウトドアも満喫。

イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ
冬

やってきましたこの季節。東北初心者の私たちにはきびしい季節です。仙台は、他の東北地方の地域に比べて雪は少ないですが、風が強く、マフラー手袋は必須です。仙台に来て、石油ストーブ2台、スタッドレス、とうとうババシャツも買いました。我が家の鍋率は大幅アップしました。

そんな寒い冬をホットにしてくれるが、『光のページェント』。仙台中心部はイルミネーションの光に包まれます。 これは必見です。

この寒い季節を楽しく過ごす方法…スキーや温泉など、もっともっと寒いところに行っちゃえば…。蔵王の樹氷もいいかも。
冬の味覚はカキ。カキ祭りがいっぱい。

イメージ
イメージ イメージ イメージ イメージ
 
page top Copyright(c)uloulo All rights reserved.